少子化なのに保育所が足りない……待機児童が増えている問題の原因とは?

少子化なのに保育所が足りない……待機児童が増えている問題の原因とは?

少子化なのに保育所が足りない……待機児童が増えている問題の原因とは?

解決策について
待機児童の問題を解決するためにはどうすれば良いのでしょうか。そのために国はさまざまな支援を実施して問題を解決しようとしています。たとえば保育所の整備をしています。そのために国有地を活用するケースもあります。また、保育士を確保するための試みも実施しています。新制度を先取りして、たとえば小規模保育事業も推進しようとしています。認可外保育施設への支援にも取り組んでいます。事業所内保育施設の方にもしっかりとサポートをしています。このような対策を取ることによって、国は待機児童問題の解決に取り組んでいます。

また、保護者の方でも待機児童問題の解決に貢献することは可能です。たとえば認可外の保育園の利用を検討すると良いでしょう。イメージとして認可外保育園のサービスが悪いと考えている方が多いのですが、実際には質の高い保育を実施している施設は多いです。24時間子供を預かってくれたり、独自のプログラムを用意したりしている認可外保育所はたくさんあります。

そして、実際に保育所を利用する際には保育士の頑張りをきちんと認めてあげて、一緒になって子供を育てていくという意識を持つことが大切でしょう。保護者からの心ないクレームによって保育士がやめてしまうケースが多いのです。