少子化なのに保育所が足りない……待機児童が増えている問題の原因とは?

少子化なのに保育所が足りない……待機児童が増えている問題の原因とは?

少子化なのに保育所が足りない……待機児童が増えている問題の原因とは?

待機児童問題が深刻
待機児童問題が深刻な状況となっているのですが、どうしてこのような問題が起きているのでしょうか。その理由の一つとして、経済不況が長引いていることと、女性の社会進出が関係しています。保育所というのは共働き世帯が利用する施設です。そして、現在はどんどん共働き世帯が増えています。不況のために共働きでないと家計をやりくりできないという世帯が増えているのです。また、女性もどんどん社会に出て働きたいという方が増えており、その結果として子供を保育所に預ける必要があり、保育所のニーズが高まっています。

特に待機児童問題が深刻となっているのは都心部です。都心部というのは人口が集中しており、それにも関わらず保育所が足りていません。新しい保育所を設置しようと思っても、騒音の問題によって地域住民から理解を得られないという問題もあるのです。

また、保育士が不足していることも原因となっています。保育所を仮に増やせたとしても、保育士が不足していれば施設は維持できません。現在、保育士の資格を持っているのに仕事をしていないという保育士が多いです。保育士の待遇が悪く、労働環境も悪いためにやめていく人が増えているのです。

このような原因から待機児童が増えており問題となっています。